ボステリ・バムの東方犬聞録

西の地・長崎出身者が綴るやんちゃなバムのわくわく東方犬聞録

バム、高尾山へ登る#3

こんばんは、バムぱぱです。
前回、バムは頂上まであと少しの所でお花を愛でてました。
今回は、高尾山登頂と下山の様子をお伝えします。

DSC09231.jpg
山頂に近づくにつれ、バムの歩みもゆっくりになってきました。
ここで初めてバムぱぱが先頭に出ます!写真ではまだ力強い歩みですが、このあとすぐへたり込んでしまうのでした。
さすがのバムも初登山はきつかったのか、それともオヤツが足りなかったのか・・・。

へたり込んだ後はバムぱぱが抱きかかえて登りました。が、再び歩き始めた後の山頂まで最後20mくらいは何故かダッシュしてバムぱぱを引き離そうとしたバム・・・
DSC09233.jpg
無事に高尾山頂に到着しました。

DSC09239.jpg
山頂では次々に登頂記念撮影が繰り広げられていました。
手前の金色全身タイツの方が気になるバム&バムぱぱ。

DSC09236.jpg
山頂からの景色です。やはり午後ということもあって、富士山は案の定拝めません。
まぁ見ようと思えば、バム地域から晴れた日の午前中見えるので、特にこだわりはないのですが。

しばらく景色を眺めた後はバムと登頂の余韻に浸ります。
DSC09240.jpg
日陰に腰かけて休憩です。

DSC09241.jpg
バム「お父さん、疲れたね?バムはまだまだイケるばい!」
ぱぱ「あれ?途中でへたり込んだと誰やったっけ?」
バム「お父さん何言いよっと?バムは最後ダッシュしてお父さん追いつくとに必死やったたい!」
ぱぱ「・・・」

バムと休憩中にコーヒーを飲んでいたら、大学生の団体に囲まれてしまったバム&バムぱぱ。
バムは大学生に遊んでもらって楽しんでました。

その後、下山へ。

DSC09247.jpg
登る際は通らなかった本堂を通るコースへ。

DSC09258.jpg
ここは登る時も通ったんですが、この近辺に「男坂」、「女坂」が分かる地図が書かれていたと思います。
返り道は「男坂」の長い階段を下る二人。

DSC09261.jpg
下る時のバムのペースが異常に早いので、リードは常にピーンと張ってました。

DSC09266.jpg
最後は、京王高尾山口駅のホームから極楽湯を見ながら・・・
下りのペース配分に失敗したバム、リュックの中でヘバッてました。
電車内で斜め前に座っていた他の乗客の方に「リュックの中身の犬は本物ですか?」って声かけられたくらい微動だにしない疲れっぷりでした。

帰宅後の夕食時は普段の2倍増しで喜んでました。

以上、3回に分けてお伝えした「バム、高尾山へ登る」ですが、次回は番外編「高尾山に恐怖するバムぱぱ + バムの軽快な歩み動画」についてお伝えしようと思います。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# にほんブログ村

# バムってこんな感じ

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 検索フォーム

# QRコード

QR

FC2Ad