ボステリ・バムの東方犬聞録

西の地・長崎出身者が綴るやんちゃなバムのわくわく東方犬聞録

バム、高尾山へ登る#2

こんにちは、バムぱぱです。
前回、バムは人生初の登山に出かけたのであります。今回は中腹での休憩後から書きます。
~頑張れバム!山頂まであと少しだ!~編

DSC09260.jpg
山と自然を大切に。
お腹を満たしたバムとバムぱぱはサル園の前にやってきました。

DSC09205.jpg
サル園の前には盆栽セット?が売り出し中でした。バムぱぱが見ていたら、隣で「これ軽いの?軽石なの?軽かったら買いなさいよ」と二人組の奥様達が会話していました。
持ってみると軽かったので、あの奥様達はご購入されたのでしょうか?

DSC09206.jpg
サルと言えば、バムは以前「サルですか?」って尋ねられたことがあります。
サル園はスルーして、先を進むのであります。

DSC09207.jpg
サル園のすぐ先には根っこの形がタコの足っぽいタコ杉があり、タコの供養碑がありました。

DSC09211.jpg
ひっぱりダコの石碑・・・何か良いことがありそうなのでこのご家族の後にバムぱぱも触ったり引っ張ったりしました。

DSC09214.jpg
これ、たぶん登ってると思うんですけど、下り坂に見えてしまいます・・・不思議。

DSC09218.jpg
男坂と女坂の分かれ道。どっちがどっち?と疑問に思いながら、「まぁ男同士やし、登るならやっぱ男坂よね!」と心に決めました。そして二人が通ったのは、右の道。
・・・はい、女坂でした。(帰り道で地図があったので、そこで知ったのです)

DSC09226.jpg
進んだ先には天狗さんとの触れ合いスポットがありました。

DSC09230.jpg
バムの歩調は軽快でバムぱぱが先に出ることがない。
ぱぱ「バム、並列して歩くとが理想やけどなぁ~」
バム「お父さん、遅かばい」

DSC09229.jpg
たまには歩みを緩めて、道端の花を愛でることも忘れません。

今回はこのへんで。
次回の「バム、高尾山へ登る#3」ではいよいよバム、高尾山登頂!と下山をお伝えします。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# にほんブログ村

# バムってこんな感じ

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 検索フォーム

# QRコード

QR

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。